●春のイチオシ フレッシュインナーは、春と一緒にやってくる!こだわりたいのは、カラー?デザイン?それとも着ごこち?

春を迎えて劇的に変化するのがインナー。冬には見かけなかった軽快でさわやかなボクサーや部屋着としても活躍する今風ステテコなどが多彩に揃い、売り場はいま春爛漫!

フレッシュスタートの4月にこそ着てみたい、さわやかさいっぱいのイチオシインナーで今年も春を満喫しよう。

グンゼ/“BODYWILD”ボクサーブリーフ“Airphyφ”

グンゼ“BODYWILD”のイチオシは、3D成型なのに総メッシュを実現した驚きのボクサーブリーフ“Airphyφ”(¥1,365)。ボディになめらかにフィットするのに、風が通り抜けるような気持ちよさで、これからの汗ばむ季節をより快適にしてくれる。カラーもベーシックなブラック・ミディアムグレーに加え、ライトグリーン・ラベンダーなどのパステルカラーも揃い、見た目もはき心地も春にぴったりの一枚だ。

グンゼ/“BODYWILD”EASY TIME&COZY PLACE Style−2

また、より春らしさにこだわるなら“EASY TIME&COZY PLACE Style−2” (¥1,365)がオススメ。ストレッチ性に富んだローライズボクサーで、淡いピンク・ブルー・グリーンなどのパステルトーンは見た目も軽やか。なかでも目を引くのが、斬新な水彩画風のぼかし柄プリント。こちらのちょっとハデめの一枚はレディースとのおそろいもでき、春のウキウキ気分にどっぷりひたれそう。他にも、人気のマルチボーダー柄や花模様・幾何学模様など、プリントのバリエーションも豊富だ。

トリンプからは、フレンチポップなプリントシリーズ “HOM”の“HO1(エイチ・オー・ワン)”。なかでも注目は、いたずら描きのようなかすれ感がキュートな「手描き風ボーダーシリーズ」(¥2,940)。「少年っぽさ」をいつまでも持ち続けたいと願う男心をくすぐる、ブルーがさわやかな一枚だ。

ほかにもポップアートの世界を表現した「ワンダーランドシリーズ」やハリ感のあるシースルーストライプの生地を使用したスタイリッシュな「ストライプシリーズ」など、いずれも冬から春への気分転換にはピッタリのデザイン。また、このシリーズはすべて人気の水平に開く窓「カンガルーポケット」で、ファッション性はもちろん機能性にもすぐれたシリーズとなっている。

ロイネ/コットンストレッチボクサーシリーズ

カラフル系で注目なのはロイネ“”のコットンストレッチボクサーシリーズ(¥1,200〜)。オリジナルのクマのキャラクターを、ロック・アメコミ・デジタル・カーボーイ風にと、さまざまにアレンジ。カラーも春気分を盛り上げるレッド・ピンク・ターコイズブルーなど、明るいものを揃えている。しかも、このシリーズは信州大学繊維工学部と共同開発した立体裁断により、さらにワンクラス上のはき心地を実現。「インナーを変えて気分も変えたい!」と望む男達も納得のインナーになること間違いなしだ

フジボウアパレル/“B.V.D.”Fifth Ave:Deluxe アレンジドットボクサー

続いてフジボウ“B.V.D.”のオススメは、“NEW YORK”シリーズからニューヨーク五番街をテーマにした“Fifth Ave:Deluxe”。綿モダールベア天竺を使用した前開きのボクサーは、絹のように薄く柔らかなはき心地がゴージャスな一枚。トレンドを意識しながらも落ち着いた配色で構成したところが、いかにもニューヨークっぽい。ちなみにテレビコマーシャルでタレントのウエンツ瑛士が「今日のウエンツ」篇で着用しているのは“アレンジドットボクサー”(¥1,050〜)。カラーは「レッド&ホワイト」と「グレー&ブラック」があり、ラグジュアリー&モダンなデザインは、ワンランク上を求める大人世代も満足させる。

ワコール/“DAMS”部屋テコ

そしてこの春、はやばやと登場したのが、去年大ブームとなった今風ステテコ。「汗ばみ」と「ひんやり」を交互に感じるこの時期から、ぜひ揃えておきたいアイテムだ。

まず、ワコール“DAMS”のイチオシは細身のシルエットとやや浅めのはきこみ丈、さらに快適性にもこだわったおなじみの“部屋テコ”(¥3990〜)。その名の通りリラックスタイムの部屋着としてはもちろん、汗ばむ日の対策としてスラックスの下にはけるよう、湿度をコントロールする素材を使用した。しかも消臭加工と抗菌防臭加工をほどこすことで、気になる汗のニオイにも対応。この春は定番のチェック柄に加え、新しく自転車柄も登場し、楽しみをアップするインナーとしてさらに人気を集めそうだ。

アズ/“TEKOTEKO”

また、おなじく今風ステテコで春を飾るのがアズの“TEKOTEKO”(¥840〜)。綿100%のさわやかなクレープ地を使用し、ナチュラルな快適さにこだわっている。こちらは、トランクスタイプ・ひざ下丈・ひざ上丈の3つの長さが選べるが、スラックスのからみつき防止にはくのなら、やはりひざ下丈がベスト。オンに最適なシックなカラー展開と、部屋着やワンマイルウェアとしても活用できるオフ用の明るいカラー展開のものも揃っている。また、レディースと同じ柄のものもあるので、リラックスタイムにはペアで楽しむこともできる。

*価格はすべて税込み 取材協力:繊研新聞社