●各社秋のイチオシ特集 もう、フツーのパンツでは不満足!いまどきの男は、イケパン・ハデパン・モテパンだーッ!!

「ついにここまで来たか?!」と、驚くほど活気づいているのが男性のパンツ。渋いスーツで決めていても、インナーのパンツは自分流が炸裂。ハデなものから大人シックまで、好みにあわせて多種多彩なものをエンジョイ。女性にとっては当たり前のインナーの楽しみ方を、遅ればせながら男達も実践し始めたようだ。

そこで今回は、上級のおしゃれを楽しみたい男達のために秋のパンツを大特集。ワンランクもツーランクも上の新鮮スタイルをご紹介しよう。

ワコール/“BROS”

シーンごとにさまざまなボトムを提案しているワコール“BROS”から登場したのが、あっと驚くネオン柄のローライズ(¥1,890)。「ネオンが似合う色オトコ」をキャッチフレーズに展開中のこのパンツは、パーティのような華やかなイベントに履いていきたい魅せパンの代表格。ビビッドなネオン柄はパープルとブラックの2色展開で、細めのウエストゴムが、大人の高級感を演出している。もちろん、タテ・ヨコによく伸びる素材をしているからはき心地も軽やか。気分を一気に開放してくれそうだ。

ワコール/“DAMS””

さらに“DAMS”はこの秋から、着心地にこだわるおしゃれトランクス派のために、スーツがキマるスリムトランクス(¥2,625)を発売。ゴムの位置をヘソ下5センチにすることでスラックスのベルトと重ならないようにしたほか、スリムなパターンがもたつきのないほどよいフィット感を実現。なかでも、まだ少し汗ばむことの多い今の季節におすすめなのが、吸放湿性のよい素材を使用したフィットトランクス。締めすぎず緩すぎないジャストのフィット感で、心地よさがずっと続く。カラーはベーシックなブラックと根強い人気のレッドで展開中だ。

トリンプ/“HOM””“スロギーメン””

トリンプのイチオシは人気の“HOM”。おなじみの水平に開く窓「カンガルーポケットタイプ」の“HO1”(¥2,940)では、イングリッシュガーデンからインスピレーションを得た華やかな草花柄と、中世の建築美からインスピレーションを得たシックなオーナメント柄が新鮮。いずれも薄手でストレッチ性に富み、フィット感は抜群。開放的なアクティブ気分に浸りたいときには色鮮やかな草花柄を、スタイリッシュでクールに決めたいときにはオーナメント柄と、気分で選ぶのも楽しい。どちらにもパンツと同じ生地の、かわいいカンガルーのぬいぐるみストラップも製作されており、キャンペーンでのプレミアムとなっている。

また、“スロギーメン”では、同じ柄のレディースもあるので、デートの日には「ヒミツのペアパンツで」、なんて約束するのも盛り上がりそうだ。

フジボウアパレル/“B.V.D.”BODY GEAR

続いてフジボウアパレルのイチオシは、B.V.D.“BODY GEAR”のウェルネスライン(¥1,365〜)。「スポーツで健康ライフ」をコンセプトに、世代や性別を超えてスポーツのあるライフスタイルを提案。吸汗速乾機能とストレッチ性に富んだ素材を使用し、サラリとした肌ざわりと動きやすさに優れている。ボトムには春夏のレディースとのコラボレーション企画として好評を得たプリントシリーズを採用。スピード感と躍動感にあふれる迷彩調や幾何学模様など、見た目もかなりファッショナブルだ。アイテムはローライズボクサー・ボクサーブリーフ・ロングボクサー以外に、10分丈スパッツも充実。ランニング・テニス・ゴルフと、用途に合わせて自分なりに着こなしたい。

グンゼ/“BODYWILD”

また「これからのパンツはウエストで遊べ」をキャッチに、ウエストゴムで新しいおしゃれ感をアピールしているのが、グンゼ“BODYWILD”の“Lipウエスト”ボクサーパンツ(¥1,365)。今までにない繊細な模様をウエストゴムにインクジェットでプリントすることで、パンツに新風を吹き込んでいる。

この秋デビューしたのは、ビビッドカラーが華やかな“STYLE-3”とシックな“クラッシクスタイルベーシックトレンド”の2タイプで、それぞれにマッチした幾何学模様やBODYWILDのロゴなどを鮮やかにプリント。しかもこのウエストゴムは肌へのあたりがソフトで締め付け感を最小限に抑えているほか、本体の生地にはストレッチ性のある吸汗速乾素材を使用。動きやすさとサラッとさわやかな着心地を実感できる。

アズ/“abx”

さらに、アズが自信を持っておすすめするニューブランドが、ヨーロッパのおしゃれテイストを巧みに取り入れた“abx”(¥840)。こちらは“ARBATAX”のリニューアルブランドで、ベーシックすぎず派手すぎない大人のきれいめスタイルをアピール。ディテイルにとことんこだわり、例えばウエストゴムのロゴはウエストのセンターにくるように配置したり、生地は細かな部分まで確実に柄合わせをするなど、隙のないデザインを完成させている。「このボトムをはくのなら、アウターはやっぱりヨーロピアン!」そう思わせる繊細なデザインに注目だ。

ロイネ/コットンストレッチボクサー”

もちろんロイネの“”にも新作は豊富。なかでもユニークさで目を引くのが、ゼブラ柄のゴムが引き立つ柔らかコットンストレッチボクサー(¥1,680)。実はこのボクサー、バックには「I wish! I wish! I wisiii XX……」と何かを求めてつぶやく「くまうさぎが」プリントされ、その意外性が何ともユニークだ。

また今回は、従来のスタンダードボクサーを改良したフィット性抜群の綿100%ボクサー(¥1,365)も登場。ウエストゴムはイエロー・レッド・オレンジの3カラー展開で“”のロゴがバランスよくあしらわれている。従来より5mm太くなったウエストのカラーゴムはつなぎ目がなく肌あたりもソフト。さらにウエストゴムとステッチを同色にすることでデザイン性を高めている。

*価格はすべて税込み 取材協力:繊研新聞社