●ウォームビズ&いい夫婦の日特集 11月22日は『いい夫婦の日』今年はペアのインナーで「あったか夫婦」を目指しませんか?

主婦ならぬ「主夫」が登場したと思ったら、最近では「育メン」なるものも登場。夫や妻の役割が多様化し「いい夫婦」の概念も変わりつつある。しかし夫婦のあり方がどう変わっても、相手への感謝と思いやりを伝えていくことで夫婦はより熟成される。

夫婦がそんな想いを互いに伝えあえる絶好の日が11月22日の『いい夫婦の日』。寒さが本格的になるこのタイミングに、ペアで楽しく着られる暖かなインナーやウォームビズに活躍するインナーなどをプレゼントすれば、もっとあったかな夫婦になれるに違いない。

ワコール/“BROS”“DAMS”スゴ衣

まず“ワコール”がおすすめする暖かなインナーが“BROS”に新しく加わった「薄くて軽くて暖かい」で人気のブランド“スゴ衣”(¥3150〜)。空気の層を逃がしにくい断熱・保温効果で寒がりやさんも納得の暖かさだ。

一方“DAMS”の“スゴ衣”(¥3,675〜)は、いやなチクチク感を極力抑え、これまでよりもさらになめらかになった肌触りが特長。適度なフィット感を保つことで暖かさを逃がしにくくなっている。

“BROS”“DAMS”ともトップスはV首の半袖と長袖シャツ、ボトムスはひざ下丈と足首丈パンツがラインナップ。一部LLサイズまで揃っているものもあるので、ゆったりがお好みの人も安心だ。カラーは“BROS”が、ブラックを中心にアイボリーとグレー。一方“DAMS”は、アイテムにより異なるがブラック・グレー・アイボリー中心の展開となっている。

もちろん“スゴ衣”(¥2,940〜)はレディースでも人気のブランド。今年も世界の綿生産量の10万分の1しか収穫できない稀少なプレミアムコットンの“天綿”を贅沢に使用したインナーを展開している。空気の層から生まれる暖かさと天然素材ならではの贅沢な肌触りは、一度体験してみる価値あり。夫婦で“スゴ衣”を着て「スゴイ夫婦」を目指してみては?

ワコール/“BROS”“DAMS”ぬくパン

 

さらに今シーズンは、一枚履きができる理想のあったかボトム“ぬくパン”を“DAMS”(¥3,465〜)と“BROS”(¥2,940〜)の両ブランドから新発売。タイトなボトムで決めたい人や、重ね履きのごろつきが気になる人にイチオシだ。表側にはスーツスラックスなどの滑りを良くするツルリとした素材を、肌側にはふわっとやわらかい素材をそれぞれ使用し、動きやすさとやさしい暖かさが実感できる。

“BROS”はひざ上丈と足首丈があり、いずれもグレーとブラックの2色。一方“DAMS”はひざ上丈がブラックとレッド、足首丈が紺とブラックのそれぞれ2色展開。こちらは妻から夫への暖かいギフトとしておすすめしたい。

グンゼ/“BODYWILD”ボクサーブリーフ(メンズ・レディース)

グンゼ“BODYWILD”は、夫婦がお揃いで履ける成形ボーダーのボクサーブリーフ(メンズ・レディース共¥1,365)から、秋らしくシックなボーダーをセレクト。こちらは、グンゼ独自の立体成型による自然なフィット感と軽い履き心地がポイント。縫い目も最低限に抑えているので、細めのボトムを履いてもラインがきれいに決まる。

こちらはシックなグレーカラーをベースにしたもの以外に女性好みの華やかなピンク系やブルー系もラインナップ。おしゃれで履き心地の良いボトムでペアリングすれば、ワンランク上のいい夫婦が目指せそうだ。

グンゼ/“BODYWILD”SMART WARM

また同じく“BODYWILD”がウォームビズに向けて展開中なのが、あったかフィットの“SMART WARM”(¥1,890〜)。吸湿して発熱したうえで余分な湿気を放出するからサラリとした肌触りがずっと続く。ストレッチ性も抜群で抗菌防臭加工もプラス。

このシリーズには無地の“Standard”とシックな配色の“Border”があり、いずれも裾は切りっぱなしのカットオフ。ワイシャツやTシャツのような薄手のアウターを着てもオモテにひびきにくい。

“Standard”にはクルーネック・Vネック・ハイネックの長袖シャツがあるほか、Vネックシャツには半袖も。カラーはビジネスシーンでも活躍するオフホワイトを中心にダークブラウン・ブラック・インクネービーの4色揃っている。

一方オフタイムで活躍しそうな“Border”はシックなモスグリーン・レンガ・ブラックの3色でクルーネックは長袖と半袖、ハイネックは長袖が揃っている。どちらのシリーズにも前あきのタイツがあるので、同色・同柄のコーディネートでおしゃれを楽しみたい。

フジボウアパレル/“B.V.D.”FinestTouch EXシリーズ

また、フジボウアパレル“B.V.D.”からもペアで楽しめる暖かなインナーがラインナップ。注目は高級ピマ綿をふんわりと肌触りよく加工した“FinestTouch EXシリーズ”(¥1,575〜)。あくまでも日本製にこだわり、綿100%でありながら合繊系の肌着にも負けない高い保温性と贅沢な肌触りを実現させたのはさすが。

さらに“B.V.D.Ladies”でも同じく綿100%の“綿スムース/裏起毛8分袖シャツ”(¥1,365)を展開しているので、綿にこだわる女性におすすめしたい。こちらは甘撚りの糸を使用し、肌側は起毛加工をしているので、高い保温性とふんわりと優しい肌触りがうれしい。

フジボウアパレル/“B.V.D.”BODYGEAR ADVANCE LINE

 

さらにアクティブ派の夫婦に最適なのがスポーツインナー。メンズなら部分着圧パワーで正しい姿勢をサポートする “BODYGEAR ADVANCE LINE”(¥2,100〜)に注目。トップスのTシャツは背面にクロス状にパワーネットを配置し、たすき掛けの要領で正しい姿勢をサポート。またスパッツは腰回りと膝まわりにパワーネットを配置し、サポーターのような安定感をもたせることで負担を軽減した。ウォーキングやランニングといった軽い運動に適している。

またレディースでおすすめしたいのがランニングウエアシリーズの“Healthink HIGH IMPACT”(¥2730〜)。“ハーフトップ ブラ”は前面のY字サポートが運動時の胸の揺れを抑え、後面の背筋補正機能が背筋を正して負担を軽減。“10分丈スパッツ”は腰膝サポート機能により下半身の安定を促し、ランニングをより快適にしてくれる。もちろん、メンズ・レディースとも吸水速乾機能があり、汗対策も万全だ。

アズ/“冬のシャレテコ”

おしゃれなズボン下として人気のアズ“冬のシャレテコ”(¥1,890)もレディースとともに展開中で、今シーズンの注目は素肌に履けるハイブリッドフリース。なぜハイブリッドかというと、外側はフリース、肌側は綿という国際特許を取得した画期的な生地が使われているから。これにより肌にやさしくソフトなだけでなく、静電気の発生とホコリの吸着や毛玉の発生を抑える、汗を吸湿して放湿・発散してムレにくい、といった機能を発揮する。さらにアズ独自の3D立体ヒップ設計で、後ウエストが下がりにくく、重ね着してもからだが動かしやすいのも特長のひとつ。

一方レディースは“冬ぱん”(¥1,575)のネーミングで同じハイブリッドフリースのロングパンツを展開。これからの季節を暖かくサポートする。

気になるデザインは、メンズがブラックやネイビーなどをベースカラーにユニオンジャックや千鳥格子などを、レディースはアウターとしても履けるよう、クロとモカの無地以外にもチェック柄やドット、雪やトナカイ柄などのかわいい系を揃えている。

アズ/“うるおいプラス”

 

また、メンズウォームビズ向けインナー“うるおいプラス”(¥1,365〜)もプレゼントにおすすめ。こちらはスクワラン配合繊維を綿混で使用することで、乾燥する季節の保湿効果を高めたほか、静電気を抑え発熱保温機能を備えている。アイテムはV首の長袖と半袖、丸首長袖、ズボン下が揃い、すべてオフホワイト・グレー・クロの3色展開。こちらも立体設計採用で動きやすく、夫への思いが確実に届きそうなアイテムになっている。

*価格はすべて税込み 取材協力:繊研新聞社