●秋のおすすめ特集 秋本番、おしゃれも本腰!いいパンツをチョイスして、ボトムラインを“キュッ!”

風が気持ちよくなってきたら、着たくなるのは細身のアウター。しかし、夏の暴飲暴食がたたってボトムラインに黄信号が点滅しだした人も多いのでは?そんな時はボディにしっかりフィットして、少しでもボトムラインを整えてくれそうなパンツをチョイス。最近では3Dの立体成型のものやアウターの下でもたつかないもの、さらには履いて歩くことでボトムを引き締めてくれる機能性パンツも揃い、男のパンツはかっこいいボトムの救世主!まずはトライして、履き心地を体験しよう!

ワコール/“BROS”“DAMS”クロスウォーカー

ワコール“BROS”からは、履いて歩くだけでダイエット効果が期待できるおなじみの“クロスウォーカー”。中でも人気上昇中のライトでソフトなタイプ(¥3,360)をご紹介しよう。“クロスウォーカー”といえば、ワコール独自の「クロス構造」で歩幅が自然に広くなって歩行スピードがアップし、カロリー消費に適したエクササイズ歩行への変化が期待できる(1日6000歩以上が目安)というもの。ところが最新タイプはこの「クロス構造」に独自の“ビスコマジック”を施しているのが特長だ。これは生地に加える熱の時間を変えることでからだにかかる「圧」を変化させるもので、一枚仕立てでもこれまで通りの効果が期待できるから凄い。もちろん、薄い生地とカットオフ仕上げの裾のおかげで薄手のアウターにも響きにくいというワケだ。

一方、“DAMS”の“クロスウォーカー”(¥4,935)も“BROS”同様、“ビスコマジック”仕上げでやわらかな履き心地を実現。こちらはデザインにこだわった3色で展開中だが、一番の注目は迷彩風に仕上げたグレーカラー。これまでにないワイルドな雰囲気が新鮮だ。またブラックとレッドカラーは幾何学風で、未来感たっぷりに仕上がっている。

BROS”と“DAMS”のいずれもジャストウエストのロング丈で、一枚履きできるよう前開きなのも注目したい。

グンゼ/“BODYWILD”SMART BOXER

グンゼ“BODYWILD”の“SMART BOXER ”の注目は、成形ジーニングのボクサーブリーフ(¥1,365)。ジーンズっぽく見えるストレッチ性の高い生地にベルト柄のプリントをほどこしたレアなデザインがなんともおしゃれ。カラーはワイン・インディゴブルー・ダークグリーンの3色揃っている。

グンゼ/BODYWILD”

 

また、根強い人気を誇るボーダー柄の成形ボーダー(¥1,365)は、ビビッドカラーのパンツで秋を満喫したい人におすすめ。基本は鮮やかなトリコロールのボーダーだが、秋らしくダークグリーンと赤とグレーの組み合わせでシックなタイプも目を引く。

いずれも、3Dテクノロジー(立体成型)で均一にフィット。ストレッチ性が高く、おなかまわりがラクなのもうれしい。

アズ/“EDWIN”GENUINE QUALITY

アズ “EDWIN”のとっておきは、蛍光色がワクワクな“GENUINE QUALITY”のニットボトム(¥1,050)。カラーはブルー・ピンク・グリーンの3色で、ブルーはハート、ピンクはアニメ風、グリーンはボタン風の個性的なプリントで遊び心もたっぷり。もちろんストレッチ性が高く、ほどよいフィット感でヒップを包み込んでくれる。シックなイメージに走りがちな秋に、あえてインパクトのあるデザインとカラーを選んでみるものも前向き感あっていい。またウストゴムは特殊な織りでEDWINのロゴが浮き上がり、その上に“GENUINE QUALITY”のロゴをプリント。今まで以上に凝ったデザインになっている。

フジボウアパレル/“B.V.D.”NEW YORKシリーズ”

また、なめらかな肌触りで履きやすさにとことんこだわったのが、フジボウアパレル“B.V.D.”の“NEW YORK”シリーズが提案するボクサーパンツ。中でもインビスタ社の“タクテル”を使用したボクサーシリーズ(¥1,050〜)は、しなやかでなめらかな風合いと優れた吸水速乾性、さらに軽量で通気性が良いのが特長。スラックス下でのもたつきも少なく、「とにかく気持ちがいい」とシルクのような履き心地にはまったリピーターも多い。

タテとヨコのストライプがあり、カラーもレッドやパープルなどもラインアップ。シンプルながら新スタンダードアイテムとしてオフィスだけでなく、さまざまなシーンで活躍する一枚だ。

*価格はすべて税込み 取材協力:繊研新聞社